気品は美しい背中から

講師業を始めて間もない頃でした。
セミナーが終わり、あまりの疲れにホテルでアロママッサージを受けたときのこと。

その施術は背中から始まるのですが、施術者が私の背中に手を置いた瞬間こんなことを言いました。
「随分と気を張ってお仕事をされているんですね。人様の前に立つお仕事をしていらっしゃいますか?」と。

私はとてもビックリしました。
なぜ背中を触っただけでわかったのか、お聞きしましたら、何人も施術するようになってから、背中を触るとその人自身がどういう生き方をしているのかが何となくわかるようになったそうです。

私は妙に納得しました。
なぜなら人間、背中に生き方が現れるからです。

これは、本当にそう言えます。
よく子は親の背中を見て育つ、という言い方をしますが、この意味は、親の生き方(生き様)を見てそれに影響され育つという意味です。

それと同じく、人は背中にその人となりが現れているものなのです。
そして、背中からは言葉では表現できない気品なども漂います。

気品は見えるものでも計れるものでもありません。
なんとなく漂うもの。

どんなに高級なものを身に着けても、気品がない人には漂いません。

逆にどんなに質素な服装をしていても、気品がある人は、その人の背中や立ち姿だけでわかるもの。

そこでおすすめなのが、背中を意識して生活してみる、ということ。

よくダイエットをするときに皆さん、こうおっしゃいます。
「お腹が出てきたので、お腹周りを細くしたい」と。

しかし、お腹の部分痩せをがんばるよりも、背中に気を遣うだけで、お腹は絞れます。

さて、どうしてでしょうか?
お腹についた贅肉は、実のところ取れやすいのですが、背中についてしまった贅肉はなかなか取ることができません。

しかし、背中を鍛えると、お腹もおのずと鍛えられるのです。

背筋を伸ばしただけで、胸が開きます。
そうしますと、おへその両脇にある腹直筋という筋肉が鍛えられるのです。

背中を意識して正しい姿勢をし続けるだけで、お腹の部分痩せなどしなくても、お腹はどんどん引き締まっていくのです。

どうぞ、これからは、お腹を鍛えるよりも背中を意識し姿勢をよくしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です