鏡を見る回数と美しさは比例する

あなたは鏡を1日何回見ますか?
鏡を見る回数と美との関係は比例します。

なぜでしょうか?

なぜならば、人は無意識に鏡を見たときに、「いい顔」を作っているからです。

こんな経験はありませんか?
知らない間に写真を撮られていたら、ひどい顔で写っていて「いやーん。この写真、すごい不細工に撮れている~」と思ったことが。

キツい言い方になってしまうかもしれませんが、ほとんどの場合、それは不細工に写っているのではなくて、あなた自身の普通の顔なのです。
つまり、第三者からはいつもそのように写っているというわけ。

いや~、本当にキツい言い方ですが、事実を申し上げれば、人は鏡を見たときに無意識に「いい顔」を作っているのです。
それを何度も見ているため、自分のその「いい顔」が普通だと思い込んでいます。

だから、気を抜いたときの写真を見て驚くのです。

ちなみに、街ですれ違う女性たちの表情を観察してみてください。
意識していないときの顔は口角もほっぺも下がっています。

話を戻しますね。

なぜ鏡を見る回数と美しさは比例するのか?
それは、鏡を見るたびに自分のいい顔がインプットされていくからです。

鏡をほとんど見ない人は、いい顔も作りません。
自分に興味がない、または自分の顔を見るのが嫌という人は、「どうやったらいい顔になるのか」「どうやったら美しく見えるのか」ということにも興味がないということなので、いつも鏡を見ている人より、美に関して疎いと言えるでしょう。

ぜひ、一日に何度も鏡を見てください。
朝と晩だけしか見ない、ということが決してありませんように。

OLさんであれば、デスクに小さな鏡を置いて鏡を見るたびに口角をあげるとか、主婦の方であれば、家の中で自分がいちばん多くいる場所や、目の行くところに鏡を置いて、自分のお顔を見てチェックしてください。
できれば笑顔で。

それを何度もやっていますと、形状記憶合金のように自分のいい顔が定着していくことでしょう。

鏡は女性の味方、大切な友のような立場だと思ってください。
あなたの長所も短所も正直に教えてくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です